スポンサード リンク

ヘルニア患者自身の声も病院を選ぶ決め手に

ヘルニアだけの話ではありませんが、体調不良を感じたときに診察してもらう病院の決め手はなんでしょう? かかりつけの病院なり医師がいれば相談できますね。おおよそでも受診科目に見当がつけばいいのですが、それでも通院しやすい場所で選ぶのか、患者の評判、それとも設備の充実度に重点を置くのかなど、判断基準はさまざまありますね。

ヘルニアは大きな病院だと毎日のように手術が行われているといわれるくらい、メジャーな病気です。インターネットを見れば、それこそヘルニア治療をうたう病院のホームページが大量に、また症例数などかなり細部まで紹介するサイトが存在しています。このような情報の公開や共有はどんどん進むべきだといえます。

一方で、利用する患者側としては、あふれんばかりの情報を見極める必要が出てきます。信憑性が高い内容としては、実際にその病院にかかったヘルニア患者の声かもしれません。必ずしも規模の大きい病院がいいとは限らないのですから。

日本人は比較的、一度受診した病院をなかなか変えたがらない傾向にありますが、それでも最近はセカンドオピニオンという言葉がよく聞かれるようになってきました。第二の意見を聞くということです。ヘルニアに限らず、医師の見解や医療技術にはどうしても違いがあります。大切なことは医師に対し、病院に対し、自分の身体を預けられるかどうかという点でしょう。自分の身体はひとつしかないのです。
| 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。