スポンサード リンク

乳児の臍ヘルニアは約9割が自然治癒

臍にヘルニア症状が表れる、飛び出すというのはつまり「でべそ」のことです。生まれたばかりの子供に多く見られます。お腹にいる胎児は、母親の子宮の中で育つために必要な栄養を摂るための胎盤と臍帯でつながっています。白い管状の組織で、生まれた直後に切り離されますが、そのとき臍の部分に小さな穴が残るわけです。

周りの筋肉がまだまだ弱いため、本来は閉じているべきこの穴が大きく開いてしまい、腸が腹膜と一緒に飛び出してしまうことがあるのです。けれども時間が経って、筋肉が発達してくると自然と引っ込んでしまうことがほとんどです。1歳くらいまでには臍ヘルニアの乳児の約9割が治癒するといわれています。こうしたことから、臍ヘルニアは乳幼児の症状という印象が強いのです。

成人の臍ヘルニアは、穴やその周りの筋肉が弱いまま成長し、肥満や妊娠などによって腹部の内圧が上昇すると、症状が現れるケースのことです。でべそといっても皮下組織が飛び出しているだけのこともあり、これが厄介なのです。見た目を気にして病院を受診する人も多いようですが、そこで初めて腸が脱出する臍ヘルニアとわかることがあるようです。決して正常な状態ではないのですから、内臓的にも負担がかかっていることは間違いありません。大人の場合は手術しか治療法はありません。はみ出した臓器を定位置に戻し、腹膜と腹直筋を縫い合わせ、皮膚と筋肉を癒着させていく処置を施します。
| 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。