スポンサード リンク

ヘルニアで最もポピュラーな腰椎椎間板とは

腰椎椎間板ヘルニアとは、腰の骨の部分に起きる症状です。単にヘルニアというと、この箇所を指すぐらいポピュラーです。人間の背骨は24個の椎骨があり、そのうち腰部は5つの椎骨から形成されています。骨と骨の間にはクッション的な役割を果たす椎間板と呼ばれる軟骨が存在します。この椎間板は、ゼリー状の髄核を中心にして周りを繊維輪という丈夫な組織が硬く覆っています。

腰椎椎間板ヘルニアには、脱出型と膨隆型という2つのパターンがあります。脱出型は、この椎間板の繊維輪に何らかの原因で裂け目ができて髄核が飛び出してしまものです。一方の膨隆型というのは、髄核と繊維輪がともに膨れて形がいびつになるというタイプです。いずれも飛び出した部分が神経に触れたり圧迫することで、坐骨神経痛をはじめ身体の各所に痛みやしびれをもたらすのです。範囲も腰部からしだいにお尻や太ももにかけて広がり、さらに進行すると排尿・排便障害を引き起こすとされています。

腰椎椎間板ヘルニアは加齢やカルシウム不足によって骨がもろく弱まることが一因として挙げられています。中には咳やくしゃみがきっかけで発症する人もいます。それ以外には、中腰で重い物を持ち上げたり、長時間同じ姿勢を保ったままであるといった、背骨に負担をかける動作による影響も見逃せません。姿勢の悪さは、ふだんの生活の中でも予防することができますから、少し意識してみる必要がありそうですね。
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。